自分磨きをしたいのです。

アラサー非モテ、女子力がだいぶ低いブログ主が、自分磨き(美容??)をしたい試行錯誤ブログ。

プチプラで美白スキンケア&ボディについての検討メモ、、、

やっぱ鏡を見ると顔の色&毛穴が気になる・・・

突然ですがほんと、ブログ主は毛穴がひどいです、、、あと顔の部分部分に赤みが・・・
これはまたいっちょ気合い入れて美白計画するか~というので主にSNSでまた情報収集とかしてました
ブログ主は体質的に、普通の人のように美白になれるのではないのですが、「まあ普通」ぐらいの肌になりたいな~というのがあったりします
気兼ねなく半袖を着られるようになりたいですね・・・

 

考えたのが、やはりサプリや生活習慣を整えつつ美白アイテムを投入するといいのかもしれないっということでした
サプリについては、有名なハイチオールを考えています。こちらは疲労回復にもきくというので購入決定

 

美白アイテムについてはちょっと悩んでいます

自分の検討メモとして書いておきますね
テーマは「プチプラ(続けられるように)」「トラネキサム酸配合」「化粧水、美容液、乳液すべて美白で固める」です

※トラネキサム酸とは・・・

トラネキサム酸には、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用、炎症を抑える作用があり、これにより美白効果が期待できます。具体的には、そばかすや肝斑、老人性色素斑、傷などの炎症後色素沈着といったシミに効果があるといわれています。

引用元:トラネキサム酸の美白効果や副作用について | 【全国版】

 

化粧水候補 ※アマゾンでのデータ

アクアレーベル ホワイトアップローション 200ml 1512円

 


白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水 170ml 883円

 


専科 パーフェクトエッセンス シルキーホワイト美白化粧水 200ml 792円

 

・・・SNSだとアクアレーベルがいいと言われていますが、アマゾンで探してみたらトラネキサム酸配合は白潤シリーズと専科もありました
あとDHCからも「濃密うるみ肌」シリーズが出ています。そちらは過去に使ったことがあります→【コスパよし】DHC 濃密うるみ肌 薬用美白化粧水の感想 - 自分磨きをしたいのです。

 

アクアレーベル、白潤は「mトラネキサム」、専科は「ホワイトトラネキサム」と表記されてて何が違うの?と思ったら、、、

トラネキサム酸は抗肌あれとしての効果も有するため、資生堂ではメラノサイトの活性化を抑制する成分としては、「m」をつけて、m-トラネキサム酸という名称を使っている。
参照トラネキサム酸【とらねきさむさん】 | シミ予防研究所 | HAKU | 資生堂

mトラネキサムというのは資生堂独自の表記らしいです。中身はトラネキサムということでいいのかな?

 

コスパから見たら専科がダントツですね

ただアクアレーベルは「ベビーアミノ酸」という保湿成分も売りで、白潤プレミアムのほうは「ビタミンC誘導体」や「ヒアルロン酸」も入っているようです
白潤プレミアムのほうが成分的に色々入っているので、ブログ主的に有力なのはこれでしょうか・・・

※近くのドラストも見てみたところ、アクアレーベルは1300円ぐらいで売ってました。
専科はアマゾンのほうがダントツに安いですが、他二つはドラストと比較したほうがいいかもしれません

 

美容液 ※アマゾンでのデータ

メラノCC薬用しみ 集中対策 美容液 20mL 988円

 

こちら、アクアレーベルと一緒にSNSで話題になっていたアイテムですね
美容液は普段あまり使ってこなかったのと、トラネキサム酸以外の美白成分を使いたいというのでこれはメラノCC一択かなっと思います
メラノCCシリーズももちろん化粧水があります。こちらもかなりのお手頃価格

 

乳液orクリーム

 こちらも、アクアレーベル、白潤プレミアム、専科と同シリーズのものから選ぼうかと思っています
乳液については専科でいいかな~なんて思っています

 

・・・っとここまで検討していてふと疑問が。

美白成分のはたらきって?

そういえば「コウジ酸」とか「アルブチン」とか他にも美白成分いろいろあるけどどう違うんだ??
さっと検索してみたらこんな記事が・・・

参照→Q:美白成分って何が一番効くの?!|穴沢玲子|ビューティニュース|VOCE(ヴォーチェ)|美容雑誌『VOCE』公式サイト


一部引用↓

 ①メラニン生成を抑制すること、②メラニンの排泄を促進すること、③メラニンを還元すること。この3つが美白成分のおもな働きです。
メラニン生成を抑制するために配合される成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキス、カミツレエキス、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、トラネキサム酸があります。メラニンの排泄を促進する成分には、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、リノール酸。メラニンを還元して白くする成分には、ビタミンC誘導体、コウジ酸があります

※わかりやすくするため色分け&アンダーラインさせていただきました

 

・・・つまり、抑制・排泄・還元でそれぞれはたらきが違うんですね
話題のトラネキサムは「抑制」・・・予防のはたらきでしょうか
そしてこの記事を見る限り「ビタミンC誘導体」が万能すぎると思いました
もう迷ったらビタミンC誘導体いっとけみたいな・・・
iherbでリプライセルが人気なのもなっとく・・・

jp.iherb.com

 

・・・もしかして、スキンケアを一式ビタミンC誘導体でガッチガチに固めたほうがいい・・・?
ますます悩んでいますorz
ビタミンC誘導体配合でコスパ良さそうなアイテムというとざっとこういうの↓が浮かびますが・・・

 

・スキンコンディショナー ローションVC 500ml 540円

 このブログでも過去に感想を書いているアイテム。
コスパはダントツです。シンプルなのでちょい足しに使っています

過去の記事→コスパ最高、安すぎるビタミンC誘導体配合スキコン「スキンコンディショナー ローション」(ナリスアップコスメティックス)を色々使ってみる - 自分磨きをしたいのです。

 

・素肌しずく ビタミンC化粧水 200ml 1058円

 これもだいぶ前に使ったことがあります・・・

 

・メラノCC 薬用美白化粧水 170ml 739円

・・・とこんな感じでしょうか。
それか、白潤プレミアム化粧水にスキコンVCを足して使う・・・っていうのもいいかもしれませんね 

 

他に気になっているもの

エイジングケア→ポイントフェイスパック

 

こちら、某美容ユーチューバ―さんの動画で知りました
目元と口元の集中ケアはいいですね
アマゾンで見た限り、32枚入りで800円ぐらいでした。安い