自分磨きをしたいのです。

アラサー非モテ、女子力がだいぶ低いブログ主が、自分磨き(美容??)をしたい試行錯誤ブログ。

はじめて知った「キレイ売り」と、紫式部

スポンサーリンク

恋愛指南系の記事を読むのが結構好きです

(もてないから・・・)
面白いブログなどを見させてもらって、リンクでたどっていくと・・・。
あの女」というブログを知りました。ゴマブッコさんという方が書かれている、「恋愛相談ぶった切ります」系のブログですね。
非モテの私でもぐっさりくるような、そしてうなずけるような内容で「おぉ・・・」となりました。
本もたくさん出していらっしゃるようです↓

 

繰り返し言われているのが「綺麗売り」。

つまり、「女性らしさを前面に出して自己演出(セルフプロデュースする)」ってことですね。具体的には
・相手に対する思いやりをもつ
・相手をできるだけたてる
・いつも穏やか、にこにこ
・いつも優しく、聞き上手
・オシャレもがんばる
・自分のいやな部分は見せない
・・・男性の、「女性に対する夢」みたいなのを壊さないようにする感じなのかなって思いましたw

 

それって自分を偽ること??って一瞬勘違いしちゃったんですが・・・でもよく考えたら、↑のってメンタル含めた「自分磨き」「女磨き」ですよね。


逆の立場になって、女性側からしても、男性にはおしゃれでかっこよくありつづけてほしいですもんね。無理しまくる必要はないけど、かっこよくある努力はしてほしいというか。。。
かっこつける・おしゃれする=相手によく見て欲しいっていう気持ちがある証拠ですもんね

 

それで思い出したのは、紫式部。世界初の長編小説「源氏物語」の作者です。小説を書いたぐらいなので、紫式部は男性顔負けの頭の良さと知識をもっていて。
紫式部もお仕事で宮仕えするとき、周囲にやっかまれたりしたけど・・・知識をひた隠しにして「天然キャラ」を演じたところ、周囲にとけこめて結局いいとこまでのぼりつめたっていうお話があったような。(うろ覚えです)

これを知ったときは、紫式部、やっかみを受けててかわいそう!!
なんて思ってたわけですが。。。
これも、「綺麗売り」の一つですよね。紫式部の場合は同性相手ですがw
紫式部も、自分がエリートである部分を隠して控えめにすることで「綺麗売り」に成功してるわけで。。。偽る、というのとはちょっと違って、ただ「見せない」だけというか・・・

平安時代から、人間の心理って変わってないんだよなーと思いつつ。。。

「綺麗売り」、これから意識していこうかなって思います。
内面も外面もできるだけ綺麗にして。自分も周囲もよい気分にする感じで。