自分磨きをしたいのです。

アラサー(30代)非モテ、女子力がだいぶ低いブログ主が、自分磨き(美容??)をしたい試行錯誤ブログ。

ベビーオイル先行ってどうなの・・・?という疑問と解消

スポンサーリンク

いろんな方の美金ツイートや記事をいつも楽しく読んでます。
モチベも上がるし参考になるし、とてもありがたい限り。
なのですが、一つだけどうしても疑問が残ったものがありました。。。
それが、「三種の神器」と呼ばれているものです。
このブログでもかつて書いたことのある日本酒の化粧水、日本酒の乳液とベビーオイルのことですね。
アイテム自体は全然疑問じゃないです。いいと思う。
疑問に思ったのは、使い方です。

 

ベビーオイル先行って・・・?

The ‘I Heart JOHNSON’S® Baby Oil’ Challenge

ベビーオイルって鉱物油ですよね。
油ってそもそも水を弾くし、化粧水も例外じゃないんじゃ・・・?
私は化学とか全然できないですけど、油の後に水ってどういう仕組みで浸透するの??と思いました。
それに鉱物油が肌に浸透したとして、それはちょっと怖いような・・・??
ネットで軽く検索してみても、まとめ系記事ばかり。(まとめ系が悪いとは言いませんが、他の方の感想をまとめただけだったり、根拠が明確にされていなかったりでちょっと信用してません・・・)
とにかく「油先行でお肌を柔らかくするのがいい!」みたいなのとか見かけました。
しかしやっぱり納得できなくて、油が水を弾く以上ベビーオイルだけでいいんじゃない・・・?肌がもちもちになるのはそもそもオイルの効果じゃないの?上に重ねたものはどうなんだろう・・・?
と思ってました。

 

そうしたら、その疑問の答えになる記事を見つけました。

こちらです↓

ameblo.jp

化学の観点から説明してくださって、ものすごく納得。


要するに、ベビーオイル(鉱物油系)は水分を逃さない機能はあるけど、ブースターとしての機能はない・・・ということだそうです。
もともと鉱物油系は「肌がもっていないもの」で、肌には馴染まないのだとか。
怖いのは、ベビーオイルを保湿剤として使うと逆にインナードライになりかねないというところ・・・。(塗ったベビーオイルのほうに油が奪われてしまうのだそうです)

 

なので肌を柔らかくするものとして使いたいなら、「植物油系」(肌にもともとある油と同じもの)がいいのだとか。
なるほど~っと思いました。伝言ゲームのように、この「植物油系」という部分が抜けて「オイルはブースターになる」とまとめ記事を書かれてしまっていたのかもしれませんね。

記事でも繰り返し書かれていますが、ベビーオイルが悪いとかではなくて「役割が違う」とのことらしいです。

保湿じゃなくて、あくまでも油膜をはって水分を逃がさなくしたり皮膚を保護したりするという機能であるとのこと。
たしかに、ベビーオイルにブースターとしての機能があったなら公式でもアナウンスされていてもおかしくないですよね・・・そうやって宣伝したら売れたでしょうし。

上のブログには、実際にオイルの後に化粧水を塗ってみた検証記事も載っていたのでためになりました。

 

疑問が解消されてすっきりしました。
私は頭が悪い癖に理屈っぽいところがあるので、原理を解説してもらってようやく納得しましたw
知らずに使っていたらインナードライになっていたかも・・・と思うとちょっと怖いですね。。。

まず自分で調べて、納得してから使ってみるのが大事なのかもしれません、、、

こんなことなら、学生時代から化学をちゃんと勉強しておくべきだったなぁ・・・w

地頭がもっとよければ・・・orz

 

上の ブログの方が出している本↓